注文住宅で一戸建てマイホームを建ててみてわかったんですけれど、ローコスト住宅って注文住宅ででも実現することができるんですよ。私の家が言ってみればローコスト住宅ですからね。資材にしましてもスペースにしましても、必要なところでできるだけ節約して、ローコストとも言うべき価格にてマイホームを建てていますから。

ですから、ローコスト住宅と言えば、欠陥住宅ぐらいのイメージを持つ人もいますけれど、「それは違うでしょ」と、私は思うわけなのです。ローコスト住宅すべてが欠陥住宅ではないと。しかしまあ、できる限りの節約をしてできるだけ建設費用を安く抑えようとしている住宅は、確かにまあ欠陥住宅となる可能性が高いことは否定することはできないでしょう。

そしてだからこそ「ここ」に注目してほしいというポイントがあるのです。それは「保証期間」ですよ。ローコスト住宅でも保証期間が長めに設定しているのならば、信用してもいいのかなーと思ってしまいますね。長く保証期間を設けているということで、修繕対応もしてくれるのでしょうし。そしてその逆ですと怖いかなーと思いますので。