結婚当初から賃貸マンションに住んでいたのですが、収納場所が少ないことがずっと不満に思っていたことでした。
そのため、家を建てる際は収納にこだわって建てようとずっと心に決めていました。羽村市内で行われた新築見学会でもそのポイントを最重要視しました。

いざ家を建てることになり、家の間取りを決める際、収納家具を置かなくてもいいくらいの収納場所を確保してほしいと希望しました。

まず、玄関にはシューズクロークを設置し、靴だけでなく、主人のゴルフ道具やベビーカーも収納できるようにしました。
このおかげでドアを開けてすぐ目につく玄関自体はものがなく、とてもスッキリした状態を保てるようになっています。

次に、リビング前の廊下に掃除道具入れとして収納スペースを確保しました。
掃除機等の掃除道具がスッキリと片付き、また使いたい時にすぐに使える状態でしまえるので日々の掃除がとても楽です。

各部屋には当然ながらクローゼットを付け、主寝室には広めのウォークインクローゼットをつけました。
季節ものの洋服や家電を片づけてもまだまだスペースが余るので、部屋が散らからずに済んでいます。

キッチンには可能な限り広くパントリーを設置しました。
食品のストックだけでなく、洗剤等のストックや普段使わない食器も片づけることができ、わざわざキッチンに食器棚を置かなくても大丈夫です。
システムキッチン下の収納のみで普段使う食器は十分片付きます。
そのため、キッチンを広々と使えるようになり、かなり動線がいいです。

リビングには備え付けのクローゼットを壁一面に取り付けました。
収納家具を置かないでいいため、視界を遮るものがなく、畳数以上に部屋が広く見えると評判です。

もともとマンションで使っていた収納家具を引っ越しの際に処分するのは少し後ろめたかったのですが、それ以上に家具のない家は快適です。
これから家を建てる方はぜひ収納にこだわってみて下さい。
そして、せっかく収納スペースを広く取るのでしたら、収納家具を全く置かなくてもいいくらいにした方が後々後悔しなくてすみますよ。

PR|JALカード|健康マニアによる無病ライフ|GetMoney|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|家計見直しクラブ|オーディオ|英語上達の秘訣サプリメント|クレジットカードの即日発行じゃけん|心の童話|生命保険の選び方|サプリメント|工務店向け集客ノウハウ|童話|マッサージのリアル口コミ.com|